バックエイジングに蒸しタオルがきく!

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

ヒト幹細胞培養上清液を使っても、使い方が違っていたら勿体無いですよね!今日は、ヒト幹細胞培養上清液の効果をしっかりと引き出す方法をご紹介します!

一緒にバックエイジングしていきましょう!

バックエイジングは、美容液の浸透させ方がポイント!

ヒト幹細胞培養上清液をはじめとしたスキンケア製品を効率よく浸透させる方法として手軽のなのが蒸しタオルです。蒸しタオルで肌を保湿して表面の角層をふやかしておくと、バリア機能が少し弱まって、スキンケアの美容成分が肌の内部に浸透しやすくなります。

さらに蒸しタオルは、肌の温度を上げて血行を促進するため、肌の細胞の活性を高める可能性もあります。ただし、蒸しタオルで肌をこするのはダメです。摩擦で肌の表面がダメージを受けます。

スチーマーなどで肌のh上面を温めて保湿するのも肌の浸透力を高める有効な手段です、。スチームは、粒子が小さく細かい霧状のものが噴霧されるものを選びましょう。

手もしっかり温めておく!

マッサージするときの手は指先まで暖かくしておきましょう。冷たい手で肌に触れると肌がびっくりして収縮してしまいます。

またスキンケア製品を手にとって手に馴染ませて使うときは、肌だにしっかりと行き届くように、手のひらを乾燥させないことが大切です。手のひらが乾燥していたり肌荒れを起こしていると、我先にと手のひらが美容成分をさらにたくさん吸い込んでしまうので、もったいないです。これを防ぐためにも日頃からのハンドケアを入念に行いましょう。

美肌成分が浸透しやすい部分がある?

毛穴は美容の大敵ですが、実は化粧品が最もよく浸透する場所です。肌に穴が空いている場所なのですから、当然深くまでしみ込んでくれる可能性があるのです。しかも毛穴の周りには幹細胞がたくさん集まっていることも明らかになっています。

毛穴の吸収力を高めるためには、よく汗をかいて、汗腺が詰まっていない状態を保つことが重要です。さらに毛穴にも皮脂の塊や汚れを溜め込まずに、清潔にした状態でスキンケアを行うと、肌からの浸透が活発になります。

バックエイジングには、適度なピーリングも効果的!

ピーリングもスキンかエア成分の浸透力をt構えることがわかっています、よく、ピーリングで古い角質を落としておくと、美容成分が浸透しやすいと思われがちですが、実はそうではなく、ピーリング剤に含まれているフルーツ酸などの成分が肌を刺激して細胞の活動を活発にしていることで浸透力が高まっていることが明らかになりました。ただしピーリングを頻繁に行うと、肌がその刺激に耐えきれなくなって、トラブルをおこすこともあるので、回数には注意しましょう。

マスクで仕上げを!

そしてその後にマスク美容をします。ピーリングの影響で肌の浸透力がアップした肌に、たっぷりと美容成分を届けるために、成分をたっぷり含んだマスクで肌を包み込み、湿布するように染み込ませていきます。

マスクした後は肌がふっくらして、たっぷりと保湿した肌の表面は滑らかで、化粧ノリも良くなっています。

いかがでしたか?

今日は、ヒト幹細胞培養上清液をたっぷりと染み込ませるための方法をご紹介しました!

ヒト臍帯幹細胞培養エキス配合美容液のおすすめは?

第1位:アクアージュ

化粧水・乳液・クリームを一つにしたオールインワンタイプの美容ジェル。内容量も多く、他のものを買わなくていいのと、グロースファクター がたっぷり、そして国内製なので1位にランクイン!ちなみに、半額程度で買える会員価格もあるそうです。

内容量:55g
値段:19800円(税別)
公式サイトはこちら

第2位: プラチナソリューション


内容量:30ml
値段: 16000円(税別)
公式サイト

第3位:ワビオ ステム アクティブ エッセンス

内容量:20ml
値段:20000円(税別)
公式サイト

ちなみに、私が使っている美容液は、ヒト幹細胞エキス・臍帯幹細胞エキス・グロースファクターもたっぷり配合のアクアージュです。

医療用として厳しい条件をクリアした国産培養液です。しかも、有名コスメブランドの工場の製造ラインを使用して生産しているので、この点も安心して使ってます!

興味を持たれた方はこちらをご覧になってみてくださいね!

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0