エイジングケアとアンチエイジングケアの違い

Share on Facebook13Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

エイジングケアとアンチエイジングケアの違いは薬事法

意味からいえば
エイジングケアは、加齢を(エイジング)に合わせてケアする。
アンチエイジングケアは、加齢しないようにする。
アンチエイジングの方が「老けないように頑張るわよ!」の感じが強いですが、薬事法的には、医薬部外品と違って化粧品は効果を書くことができないので、アンチエイジングの代わりにエイジングケアという言葉が使われます。
(医薬部外品じゃないのにアンチエイジングを謳っている商品は信頼できないってことですね!)

このようにエイジングケアとアンチエイジングケアの違いは、薬事法的には明確なのですが、
では一般的にはどう違うと考えたら良いでしょうか?

アンチエイジングケアは「加齢しないようにする」!

最初に書いたように、意味からいえば
エイジングケアは、加齢を(エイジング)に合わせてケアする。
アンチエイジングケアは、加齢しないようにする。

エイジングケアリスト美山美子が
どうして「アンチエイジングケアリスト」じゃないかというと、
「アンチエイジングケアリスト」だと長いから!
が理由で(笑)
エイジングケアリスト美山美子が目指しているのはどちらかというと
「アンチエイジングケア」すなわち「加齢しないようにする!」です。

アンチエイジングケアは「不老」!

アンチエイジングは「不老」とも言い換えることができます。
「不老不死」は無理としても、「不老」は実現できると思ってます。

歳を重ねることはらせん階段を登っていくイメージです。
このらせん階段の傾きをできる限り少なくすることがアンチエイジングケアなのです。

階段を登るスピードは変わらなくても、階段の高さが低ければ、アンチエイジングになるわけです。

アンチエイジングケアは「不老」!

じゃあどうしたら、階段を低くすることができるか?
それがエイジングケアリスト美山美子が、取り組んでいる課題。
最近見つかった答えのひとつがこちらの商品です。
長く飲んでいると、体質が改善されて階段がどんどん緩やかになって、エイジングのスピードが遅くなっていることが体感できます。

エイジングケア、アンチエイジングというと、
「あっというまに若返り!」
みたいなことを思う人がいますが、そんなのは絶対ありえません!笑
数ヶ月、1年かけて、目に見えないスピードでスピードが緩やかになっていくんです。
まずはこちらをご覧くださいね!

フィットライン


メルマガのお申し込みはこちらからどうぞ

Share on Facebook13Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0