8時間ダイエットってどうやるの?何食べる?

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

8時間ダイエットってご存知ですか?

8時間ダイエットは、プチ断食とも言えるのですが、「1日24時間のうち8時間だけ食事をする」ということです。
例えば、夕食を18時に食べたら、次の食事は翌日の朝10時。
夕食が20時なら次の食事は翌日の正午以降、と言った具合です。
8時間ダイエットでは、食べない時間が16時間あるのです(もちろん飲み物は飲んで構いません)

ダイエット目的にやる方もいますが、長時間消化器官を休めることができるので内臓疲労の回復などに効果があると言われています。


8時間ダイエットの効果

8時間ダイエットは、ファスティングにより食事を摂らないことで、酵素を代謝作用に集中させ、細胞をリセットすることができるのです。
そのため、8時間ダイエットをすると、朝の目覚めがスムーズになり、昼間の眠気やだるさがも減っていき、胃腸が健康になるので太りにくくなってくると言われています。

週末ファスティング(断食)などとは違って、極端なファスティングではないので、比較的取り組みやすいのではないでしょうか。
特にもともと朝食を取らない人には抵抗が少なそうです。
(ただし、何も摂らないのは良くないので、果物や野菜ジュースを飲むなどの工夫はしてみてくださいね。当然、清涼飲料水などはダメですが、、、)

この「8時間ダイエット」ですが、エイジングケアリストの美山美子は、ダイエット目的ではないのですが、実はずっと前から無意識に実践していました。

 

8時間ダイエット、いつ何食べる?

朝は果物(最近はこれがフィットラインのジュースに置き換わりました♪)や豆乳。
お昼前後にいわゆる「昼食」を取り、
夕方18時か19時ぐらいに夕食。
夜に仕事があるときも食事はなるべく先に済ませるようにしています。
これって、知らないうちに8時間ダイエットをやってた、ってことですよね。

よく「朝ごはんを抜くのは良くない」とか言われますが、朝からいきなりがっつり食べるのは逆によくないと感じています。
朝からがっつり食べるのは、いきなり100メートル全力疾走するようなもの。
朝起きてすぐは消化の良いものを食べ(というか飲み)徐々に食べる量を増やしていくというのは理にかなっていると感じます。

8時間ダイエット、「これならやれそうかも!」という方は、ぜひやってみてくださいね!

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0