エイジングケア

吸収率の高いサプリはどれ?あなたのサプリは吸収されてる?

Share on Facebook4Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

サプリの吸収率についてのお話です。

お肌のため、身体のためにサプリメントを取る方は多いと思います。

一粒にしじみ300個分のオルチニン!
とか
ヨーグルト1000個分の乳酸菌!
とか、すごい量の成分が入っているサプリメントも少なくありませんが、

sec02_img19でも、ちょっと待って!

大切なのは、サプリの吸収率ですよね?
食べたものがすべて吸収されるわけではないのと同様、
サプリもどのくらい吸収されるかがポイントです。
せっかくいいサプリを摂取したなら、きちんと身にならないと意味がありません。

ではいったいサプリはどのくらい吸収されるのか?
こちらのサイトによれば「米国のPDR(米国医薬品集)では錠剤10%、カプセル20%、舌下(液体)50%、静脈注射100%となっています」とのこと。

食べ物で20%と聞いたことがあるけど、サプリだとさらに下がるのですね。
せっかくいいもの食べてるのに、ちょっとショック……

とおもっていたら!
吸収率が98%のサプリメントがあるらしい!

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3
早速調べてみました。
こちらのサイト等から抜粋。

【瞬時に細胞に届く】
独自の「栄養伝達コンセプト(NTC)」によって、栄養素が素早く吸収され、栄養と酸素を必要としている細胞に、瞬時に届く

【その名も「セルエナジーセット】
各細胞に、酸素と栄養を運ぶことでエネルギーが作られ、老廃物が処理され、細胞が常に修復されることで、常に生体システムを正常に働かせることができる

【ドイツ製】
ドイツのPM International社の製品で、日本では店頭販売はされていない

【基準の厳しいヨーロッパで45の特許】
独自の「栄養伝達コンセプト(NTC)」は、ヨーロッパ特許を45取得している(ヨーロッパ特許は、EU31の加盟国すべての承認が必要な特許で、世界一困難とされている)

【アスリートも愛用】
ドイツスキー連盟、ドイツアイスホッケー連盟、オーストリアスキー連盟、 スポトヒルフェ(オリンピック選手強化施設)など、トップアスリートが契約。ノバクジョコビッチやローリーマキロイ、日本では、神山雄一郎選手もfitlineを愛用し、48歳で最高齢記録を塗り替えている。
fitline%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc
って、なんかすごそう。
ちなみに社会貢献もきちんと行なっていて、ワールドビジョンへの寄付金が含まれているっていうのも良さげです。

どうやら基本はクチコミの製品らしいですが、それだけに興味津々!
目が離せません!
興味のある方はこちらに詳しいので見てみてくださいね!

エイジングケアリスト美山美子でした!
いいもの食べて、健康に、美しくなりましょう!

Share on Facebook4Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0