エイジングケア

フェイシャルフィットネスは、PAOがなくてもできる!

Share on Facebook4Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

フェイシャルフィットネスは、PAOがなくでもできます。
エイジングケアというとお金がかかるイメージがありますが、今日はとても簡単にできて、かつかなりの効果が期待できる「ポリバケツ美顔」をご紹介します。

ポリパケツを使うやり方

やり方は簡単!上を向いて「ポリバケツ」と言うだけ!

にしても、なぜ他の言葉、たとえば「アイシテル」「かまいたち」「バタフライ」とかではだめなのでしょうか?

やってみるとわかりますが、
ポ(母音は「オ」)
リ(母音は「イ」)
バ(母音は「ア」)
ケ(母音は「エ」)
ツ(母音は「ウ」)
と全部の母音が入っていて、しかも、なるべく口が大きく動くような順番になっています。他の言葉でもいろいろやってみましたが、たしかに「ポリバケツ」が一番色んな筋肉を使う!(ちなみに「木村カエラ」はけっこう良い線を行ってましたが笑)

PAOがいらない訳

この美容法、顔筋を鍛えるということで、舞台女優さんの間でブームになっているそうですが、ある女優さんによれば「若い人にもお勧め」ということでした。若い方は「母音を省いてしゃべる」傾向があるので、このトレーニングで、顔の普段使っていない筋肉を使うリフトアップ効果以外に「滑舌(なめらかにはっきりしゃべる)」を良くするのにも役立つのだとか。

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_sちなみに、ヨガには思い切り舌を突き出す「ライオンの顔」というのもありますが、エイジングケアリスト美山美子は、ポリバケツのあとに、この「ライオンの顔」をやっています。

フェイシャルフィットネスは顔ヨガでもある

実は顔ヨガの本もあるんですよ!
[amazon asin=4835621468&template=iframe image]

ただ、本に書かれているようなことを全部やろうとおもうと、ついつい後回しになってしまいがち。
ポリバケツとライオンなら、いますぐできますよね!

すぐできるずぼらな方法でいうと、パソコンやスマホをやっているときは、ついついこのように口角が下がりがちですが、
51598713ea08e6cd636f7d3658b80a95_s

誰も見ていないときなら、意味もなく口角をあげてみましょう!
840bdbb49871bdc51c31d81221b01739_s

これをしばらくキープするだけでも、頬の筋肉を使ってるのが感じられるはずですよ!これが癖になると、だんだんとふだんの顔立ちも変わってくるはずです。なんといっても顔も筋肉ですからね!

今日からあなたもポリバケツ!

エイジングケアリストの美山美子でした!

 

Share on Facebook4Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0